So-net無料ブログ作成

Lives【KAN弾き語りばったり #17~もしもヒアノがぴけたなら~】(ネタバレ・セトリあり) [Lives]

開場と同時にホールに響くピアノの練習曲。
ばったりに来始めた当初は、
ホールに入って「・・・ちょっと!」とか「わー♪」とか言ってる観客の方が結構いらしたのに、
いまやオールスルーで着々と席が埋まっていく#17。

あ、#17と言っても17回もやっているわけではなく、
KANさんが大好きな素数展開でお送りしているので、
実際は7回かそこら。

そして、5分遅れで開場したので、開演も5分遅れであるということを、
スタッフから聞いた本日の主役が、直々に「今日の開演は17時35分です」。

ご丁寧に、ありがとうございます(笑)

そして、アナウンスのおねいちゃんが、
小粋なジョークを飛ばしてる隙にKANさんいったん舞台からはけ、
アナウンス終わった途端にご登場(笑。




なんの変哲もないラブソング
カレーライス

ここで最初のMC。
MCというか、アレですね、曲を作られた年代や曲を作った当初のエビソーダ、
もとい、エピソードなどを語っていただくのですが、
2曲目の【カレーライス】の時は、
これが世に放たれた当初は気付かなかったのですが、歌詞の中にある、
「何はどうあれ僕らはこの家で暮らしていくんだよ、何十年先まで」
という部分が、ちょうどこの時期に話題になった、
某耐震偽装建築家によって建てられたマイホームに、
住む羽目になった夫婦のことを、歌っている、わけではなく(笑)

なんかややこしいですが(笑)
まあ、活字で説明するとややこしいのですが、
それをKANさんが自画自賛しつつテキトーにお話しなさると意外に面白いというね(笑)

同じように、次に歌う【フランスに着いた日】は、
書いた当初はフランスに行ったことすらなかったそうですが、
それから10年経ち、日本の音楽シーンのリリースラッシュに嫌気がさして
フランスに渡欧したことを予言していたかのような。

まあ、そんなわきゃないですけどね(笑)

で、ここで【愛は勝つ】についてもお話されておりました。
元々はバンドスタイルでの楽曲でしたので、
ピアノ一本の弾き語りばったりではなかなか演奏しづらいうえに、
いざ歌おうとすると音がスカスカなので、
どうにかアレンジを加えようと試行錯誤されていたそうで。
そんな時に、ピアノ一本で広い会場の観客を一気にまとめ上げる
アンジェラ・アキさんのパフォーマンスを見たり、
某バンドの代表曲とも言えるサンバ調の曲をセッションするにあたり、
わざわざサンバのねいちゃんたちが背負う羽飾りまで用意したのに(笑)
妙なアレンジが加わってボサノバ調に変わってしまい拍子抜けした経緯もあり、
「何はどうあれ、オリジナルのアレンジで演奏するのがイチバン」
という結論に達したのだそうです。

と、ここまで熱く説明をしておきながら、
楽曲自体は後半に演奏なさるのですが(笑)

フランスに着いた日
まゆみ

【まゆみ】という曲は、
ポールマッカートニー的なAと、ジョンレノン的なBという2種類の曲を、
繋ぎ合わせてみたらどうだろう?という実験的なアプローチから生まれた楽曲。
その相乗効果かどうかは知りませんが、大サビの辺りでASKAさん降臨したそうで(笑)
そして、大サビからどうやって元に戻ろうか試行錯誤した結果、
ビートルズの【マジカルミステリーツアー】のイントロを華々しく鳴らしたあとで、
ソレには一切触れずに「え?なんのことですか?」的なしらばっくれで戻るという荒業(笑)
流石過ぎて思わず感心してしまいました(笑)

【サンクトペテルブルグ】は、
恋人に振られて傷心の男がフランスへ一人旅をする楽曲。
その寂しさ切なさを「ダジャレ」を散りばめることで際立たせたかったらしいのですが、
サブタイトルに「ダジャレ男の悲しき一人旅」というのをうっかりつけてしまったが為に、
番組のゲストで行くと必ずダジャレを言わされる羽目になったそうで、
「皆さん、サブタイトルつけるときは慎重に」とのことでしたが、
まあ、一般市民、なかなかサブタイトルつける瞬間は訪れないと思います(笑)

サンクトペテルブルグ
情緒

【情緒】という楽曲は、
某アーティストの披露宴で歌うはずが、
歌詞が間に合わずお蔵入りになったそうですが、
いざ歌詞が出来るとどう考えてもお通夜なイメージ(笑)
アレですね、
自分の十八番だからとつい、【ラブイズオーバー】歌っちゃうイメージですね(笑)

そして恒例のビリージョエルさんコーナー。
KANさんがもっとも敬愛するミュージシャン、
ビリージョエルさんの楽曲を模倣……じゃなかった、
リスペクトして作った自分の楽曲と並べて演奏するコーナー。
今回は【Say Good by Hollywood】と【TOKYOMAN】。
これはメロディーもさることながら歌詞の構成も似せていて、
実在するKANさんの知人を歌っているそうです。

前回まではビリージョエルさんの楽曲を先に演奏して、
あとからご自分のを演奏されてましたが、
あとから演奏するほうが印象が薄くて不利ということで(笑)
ご自分の楽曲を先に演奏されました。

TOKYOMAN
Say Good by Hollywood

ここで恒例の「ピンクカード」タイム♪
またの名を「おしっこタイム」(笑)
ということで、本気でピンクカードを読み耽る本日の主役を横目に、
まあ、お手洗い向かう人の多いこと多いこと(笑)
今回選ばれたカードは3枚。
「小学4年の息子が学校でAKBとKANのどちらが好みか多数決を採っている」
「高校の美術の先生の個展に伺ったら「何となく覚えているぞ!」と言われた」
「来年1月にミュージカル出演するので、励ましてほしい」
結果、死んでしまった猫の魂をKANさんが熱演し、
我々が「にゃー!」というオチになりましたが(笑)
本当にアレでよかったんですかね(笑)

ところで、客席では聞こえなかったのですが、
ビリージョエルさんコーナーの最中に、
ステージ袖でギターの音がするとKANさんが仰ってて、
「弾き語りばったりでギター??」と思っていたのですが、
今回からギターの弾き語りばったりもありました。
決して、森光子さんの幽霊ではございません^^;

因みに今回使用しているギターは、
KANさん曰く「もっとも寛大なギタリスト」スタレビ根本要さんから、
借りた、という名目で頂いた(笑)ものらしく、
頂いたということを既成事実にするべく今回持ってきたと(笑)

発明王
長ぐつ

で、アレですね。
【長ぐつ】の時は使いもしないハモニカホルダーを首にかけてましたね(笑)
そうは言っても実は使うんじゃないの?と思ってましたが、
まあ、本当に使いませんでした(笑)
カタチから入るイメージ(笑)

で、こちらも恒例のカバー曲。
以前、スタレビとスキマスイッチと秦基博くんでイベントをやったとき、
絶妙なイベントタイトルを考えてくれたスキマの常田さんが、
今回のツアータイトルの選考委員も務めてくださったので、
それに敬意を表し、ということでしたが。

奏(スキマスイッチ)

ええと、【秦】ではありません、【奏】です(笑)
老眼で見えにくいとは思いますが(笑)
そしてここからようやく音楽家らしい怒涛の4曲(笑)

よければ一緒に

客に歌わせるタイミングが吉川晃司ばりでしたが、
だんだん似てくるのが悔しかったです(笑)

愛は勝つ
世界で一番好きな人

そして、暫定的に「最後の曲」(笑)

I Love You

歌い終わってステージ中央に立ち、
深々とお辞儀をして袖にはけたのですが、
アレですね、きっと舞台裏を疾走してらしたのでしょう、
はけた袖とは反対のほうから飛び出しておいででした(笑)

EN
今年もこうして二人でクリスマスを祝う

正直言いますと、
弾き語りばったりも含め、
しばらくライブで【愛は勝つ】を歌われなかった時期があって、
私はてっきり、一時期集中して【愛は勝つ】を歌いすぎて、
もう一生ぶん歌いきったから、もう歌わないのかな?と思っておりました。
この曲が世に出てから10年以上も経つというのに、
未だに「愛は勝つ、のKAN」ですから、
嫌気でも差してるのかと思っておりました。

でも、違ったんですね。
何とか弾き語りばったりでも歌おうと、
アレンジを加えたりして、試行錯誤を繰り返していらしたのですね。
「KANさんの名曲はアレだけではないのだよ?」と、
変に拘りを持っていたのは私のほうでした。

きっとこれからも、
その時代なりの【愛は勝つ】を歌われるのでしょう。
ならばこちらとしても、
歌ってくださるタイミングを逃さず、
いつまでも聞き続けようと思っております。

なかなか次のアルバムがリリースされませんが、
それまで【最新アルバム】を聞いて待つことにします(笑)
ありがとうございました。

最後に、毎回恒例のツアータイトル。
「もしもヒアノがぴけたなら」→「私がおばかさんになっても」
に変わっておりました(笑)



nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 2

hanasakit

こちらでははじめまして!Twitterよりお邪魔します。
事細かなライブレポですね!
会場の様子が目に浮かびます・・・
(´-`).。oO
私はKANさんのLIVEに行くのは初めてだったので、開演前のKANさん練習中のときも、ピンクカードタイムのお手洗いに立つ人の多さにもびっくりしました。
MCには終始笑かされっぱなしでしたが、ピアノだけで曲を歌いあげるKANさんの歌詞がしみてしみて、本当によかったですよね(。-_-。)
最新アルバムが出るまでの間、Hey!Sey!Jump、Kiss-my-ft2聞きながら気長に待ちましょう(笑)
by hanasakit (2012-12-05 12:52) 

ときソラ

>hanasakitさん
読んでいただきありがとうございます♪
弾き語りばったりのときはメモ取りながら観てるのですが、
まあ、何を書いてるか判読するのがしんどいです(笑)
笑いながら書いてること多いので(笑)

KANさんのバンドライブも最高ですよ。
くだらなさすぎて(笑)
機会がありましたら是非♪
by ときソラ (2012-12-08 19:19) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。